1. HOME
  2. 猫のノミ・マダニについて
ノミは貧血や皮膚炎の原因となります。
ノミは人も刺し、その部位に皮膚炎をおこすこともあります。また、ノミは猫ひっかき病の原因菌(バルトネラ・ヘンセレ)を媒介するため、感染猫が人を引っかいたり咬んだりした場合にその部位が化膿したり、リンパ節が腫れたり、発熱、頭痛をおこしたりすることがあります。

動物に寄生したノミの成虫は、その動物の体表からほとんど離れることなく吸血と産卵(一日当たり20~50個)を繰り返し、最長120日まで生存することが可能です。この間、あなたの愛猫はノミの寄生に悩み続けることになります
人の服や靴などにノミの卵が付着して室内に持ち込まれ、知らない間に家の中で繁殖してしまうことがあります。いったんノミが家の中で繁殖すると清浄化するには大変な労力を要します。目に見えるのは成虫になったノミだけであり、ノミ全体のわずか5%にしか過ぎません。残りの95%は卵、幼虫、さなぎの状態で環境中に潜んでいます。これらの未成熟期のノミや駆除後に新たに侵入してくるノミを根絶するためには、総合的かつ定期的なノミ対策でノミのライフサイクルを断ち切ることが必要です。
マダニは猫にも寄生します。
マダニは、公園や庭などの草木の陰で適当な湿度があれば生き延びることができ、動物が近くを通るのを待ち構えています。このような場所を猫が通ればマダニの寄生を受けることがあります。マダニに咬みつかれても痛みがなく猫は血を吸われていることに気がつきません。多数のマダニに寄生されると貧血を起こすこともあります。マダニは一度吸血を始めると皮膚から取り除くことは困難です。また、マダニは人にも危険な病原体を媒介することがあるため、猫についているマダニを見つけても無理に素手で取ろうとせず、動物病院に相談してください。外出が多いなど、寄生リスクのある猫は特にマダニ対策が必要です。


当院で採用の駆虫薬
ブロードライン
スポット剤(滴下型のお薬)です。 猫回虫、猫鉤虫、瓜実条虫、猫条虫、多包条虫の駆除を行います。 その他、ノミ、マダニの駆除 フィラリア予防の効果があります。
さらに詳しく知りたい方は → ブロードライン
住所
〒780-0901
高知県高知市上町4丁目3−4
TEL:088-826-7002
- Google Map -

診察時間
AM 10:00 - 12:00 / PM 3:00 - 6:00
水曜・日祝日 休診
専門職員が在中しておりますので、その場で対応が可能です。(アニコム・アイペット)詳しくは受付にお尋ね下さい。

※利用可能ペット保険に関する仕様内容は、各保険のホームページをご覧ください。
アニコム・ペット保険(CLICK)
アイペット・ペット保険(CLICK)
当院では診察費のお支払いに各種カードがご利用頂けます。詳しくは受付にお尋ね下さい。